両手を振って歩けるランドセルは健康にいい

通学は、両手を振って元気に歩くことが理想です。荷物を片手に持って歩く事は、姿勢の観点からも、体重がどちらかに偏ることになります。体重が右か左に傾く事は、健康にはよくありません。大人でさえも、通勤のカバンの持ち方によって、背骨の湾曲や、肩の位置の左右のバランスを崩してしまいます。体の左右のバランスをうまく保てないと、健康に悪い影響が出てきます。小学生の成長期だからこそ、荷物はランドセル一つにして、両手を振って姿勢良く歩いて通学することは理想です。両手が手ぶらになるということは、通学が楽になるということですし、お友達と手を繋いだり、元気に手を振って歩くこともできます。

重いというストレスを感じないイオンランドセル

2020年の学習指導要領では、小学校の授業時間が増えることになっています。そのため、教科書などの教材も増えることになります。教科書、ノートは結構重いものです。ランドセルの重さは子供の背中に負荷をかけます。イオンランドセルはこの重さの負荷を軽減します。新しく開発された、3点背当て構造で、背中への負担を分散させて負担を軽減してくれます。6年間背負い続けるのですからストレスなく快適に背負うことができるのが理想といえます。特に高学年になると、教材はどんどん増えていくものです。体にあたる部分のパットも通気性に優れ、暑い日でも蒸れも防ぐことができます。

3つのスタイルが可能なランドセル

大人のカバンにもあるように、背負えるけど、ショルダーにもできて、手にもモテるという3つのスタイルで使えるイオンランドセルも人気です。大人でも使えるようなスタイリッシュなデザインなので、ずっと長く使えそうです。この3つのスタイルの使い分けの例として、高学年になった時、おしゃれにショルダー風に肩にかけて利用もできることと、学校への通学は背負って従来のランドせるのスタイルで使い、塾や習い事に行く際には、手に持てる手提げ状のバックやショルダーバックとして利用することも可能です。従来のランドセルの常識を覆したデザインといえます。

まとめ

イオンランドセルなら、6年間保証が付いており、 不具合が発生したら、イオンが無償で修理をしてくれます。ランドセルの色を選べたり、体に負荷をかけないタイプがあったり、3STYLEのタイプがあったりと、同じランドセルでも選べることができることは嬉しいです。ネットからも気軽に購入できます。

公式サイトをチェック